HOME   »  2013年05月
Archive | 2013年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出会いの旅 4日目 「超ひだまつり in 日本武道館」

※レポート記事ではないのでイベント内容には触れておりません

旅が終わってから2ヶ月以上経つのに未だ最初の記事しか更新が進んでないということから、わたくしジャック2号宛に「オナニーばっかりしてないでさっさとブログ更新しろ」との苦情が多数届いたのでそろそろ更新します。大変申し訳ありませんでした。

なお、以降このような苦情に対しては対処しかねますので皆様のご理解とご協力をお願い致します(訳:ブログの更新よりオナニーがしたい)

4日目。3月3日。

ついにやってきたこの日。僕はこのためにはるばる遠い地の果てから東京へ出向いたのだ。

「超ひだまつり in 日本武道館」

アニメ「ひだまりスケッチ」のイベントが今日、武道館で開催される。

思えばここまでの道のりは長かった。夜行バスでは相席のババアにひどい目にあわされ、まず普通の人なら迷うわけのない道で迷い、美人な姉ちゃんに丸め込まれて意味不明なメガネ拭きを買わされ、アンガールズ田中みたいなホテルのフロントマンになんでか知らん嫌な顔をされまくり、それはそれはもう、ものの一口では言えない苦難の数々があった。

だが、これらを乗り越えてこそ、目的を達成したときに倍増する嬉しさがあるのだ。

さぁいくぞ、待っていろ武道館!


朝6時半時ぐらいに起床。昨日同様、共有の洗面所で歯を磨いてからお馴染みのラジオ体操と言う名の似て非なる謎のキチガイダンスをして体を温める。一日の始まりの体操はひだまらーの基本ですからね。そんなことやってるうちに小太りのおっさんが洗面所に来て、鏡の前でキグナス氷河がオーロラサンダーアタックを放つときみたいなポーズしている姿を見られてしまったので急いで部屋へ戻る。

saint_cha_09_07.jpgキグナス氷河


そんでパソコンの電源入れてツイッターチェックしてたら、昨日お会いした「ろと」さんから

「ジャックさん急いでください!物販の列がもう並んでいます!」

とのご報告。

なんだと…!10時開始の物販にもう行列ができているのか…!まだ8時にもなっとらんぞ!

どうやらろとさんのご友人も今回のイベントに参戦するらしく、彼はその付添ということで物販に並んでいたようです。そのためこの日は諜報員役を務めてもらいました。

僕の予定でも物販にはしっかり行ってグッズを買い占める予定はあって、でも開始前の1時間前まぁ9時ぐらいに並び始めればそう問題無いだろうと思っていたのですがどうやら甘かったようだ。ぐぬぬ、ひだまりガチ勢めやりおるわい

グッズ完売を恐れて急いでホテルを飛び出し現場に急行したのはいいものの、案の定道に迷う。なにしろ、ここのホテルから武道館まで徒歩40分以上ある。

昨日は諜報員のろとさんと二人がかりで徒歩15分程度の距離を1時間以上さまよい続けた僕にとってはKONISHIKIが24時間テレビのマラソンに挑戦するようなものであって、それはもうかなりの難関なのである。

が、このジャック2号、ひだまりスケッチのためであればどんな試練でも乗り越える。例え武道館に辿りつく道のりに12人の黄金聖闘士たちが待ち受けていていようと、例え神に最も近い男に第六感まで剥奪されようと、僕は第七感セブンセンシズに目覚め武道館まで辿り着くだろう。

061 「降伏か死か! この翼ある限り」.mkv_000086211


血を吐きながらも究極の小宇宙(コスモ)セブンセンシズに目覚めマッハを超えるスピードで走り続けているうちに僕は無意識にペガサスのように羽ばたいていたらしく見事武道館までの道のりをクリア。時刻は8時40分。

IMG_0069.jpg


「物販列こちら」という看板に従って列に並ぶ。数時間前の時点で行列ができているという諜報員からの報告があったことから、もうこの時間かなりの行列かなと思いこんでいたのですが、実際そうでもありませんでした。

ハァーン余裕じゃんひだまらー余裕じゃん、と勝ち誇ってスタイリッシュに片手でメガネかけてみたらですね、あのーなんというか。なんかおかしいんですよね。

僕あんまり目が良くないので裸眼だと周囲の状況なんて40%ぐらいしか把握できてないわけで、いざメガネかけて見るとあーららなーんじゃこりゃ。

もうありえない。物販列が武道館の遥か彼方まで列が並んでいた。スタイリッシュに下げた僕の腕が勢いで自分の股間にあたってしまった。

「これは行ける」と思って登るところまで登らせておいて一気に落とされて、もし神様がいるのならここは男だろうと一発精子かけておきたいところなのですが、まぁ素直に最後尾に並ぶ。

そんでなんというかね、さすがオタク系のアニメイベントってだけあって結構珍しい人種がいるんですね。

僕の隣に並んでいた人は40手前なのに物凄いさわやか系なおっさんで凄くいい印象だったんっすけど、もうなんか後ろの調子に乗ることを覚えたばかりのキョロ充大学生と秋葉のキモオタのキメラみたいなのが、オフ会なのか知らんけどなんかいっぱい集まっててですね、その中の天パが

「ネコさまたげ(みたいな名前)さん!何買うんですか!?え!?すごいそんなに!?あ、チュリーヌナバノゲ(みたいな名前)さんは!?」


みたいな意味不明な名前をデカイ声でドーンと言ってるんですよね。

まぁ誰も連れてくる友達のいない僕の嫉妬心からかもしれませんけど、どうもこういう連中は苦手でですね、もう僕の頭のなかはとにかく「死ね」とか「くたばれ」とか「消えろ」とか「帰れ」とか「仲間に入れてほしいなぁ」とか決して穏やかではない感情に駆られていました。だいたいチュリーヌナバノゲって名前からして絶対タダモノじゃねえしな。

それからも「からの~?からの~?ウェーーイwww」みたいな会話を後ろから感じ取りながら並ぶこと約3時間、距離的にはほぼ武道館をグルっと一周するレベルで物販のテントに到着。

だいぶイライラしていましたが会計が美人のお姉さんだったので良しとしましょう。

その後、目の前の駐車場にたくさん痛車が並んであったのでちゃちゃっと撮影。痛車を間近で見たのは初めてでしたが、外装だけでなくよく見ると車内までちゃんと痛車してるんですね。フィギュアの配置とか結構しっかりしてる。こういう奴ら絶対A型だろうな~と思いながらA型の僕が超大雑把に盗撮のごとく1枚あたり3秒ぐらいで写真を撮る。

IMG_0074.jpg

IMG_0065.jpg

IMG_0076.jpg

IMG_0078.jpg


ほんで時刻も12時ぐらいになろうとして、そろそろお昼時かねーと思っていましたがいやさすがアニメイベント。そう甘くはない。

先ほど並んだ列はあくまで「限定グッズ」の物販列であって、数メートル先にはもう一つの試練「予約グッズ」の物販列が立ちはだかっていました。

IMG_0082.jpg


と言ってもこれは数量制限がないのでそんなに慌てなくてもいいのですが、ゆのっちが今にも殴りかかってきそうに「ご予約はあちらです」と言っていたのでおとなしく並んできました。それに列並んでる間に開演とかなったら洒落にならんしね。意外にこちらは約1時間程度で列を抜けれました。ちょろいぜ。

ようやく昼食。武道館から徒歩数分のマクドナルド。もちろん、ここはひだまらー達の巣と化していましてどこを見回してもグッズの袋を持った人がいっぱいいっぱい、しかもみんな友達とわいわい。

そんな中僕はやはりひとりで背筋ピンッと伸ばしてハンバーガー食ってたわけなんですが、こう、徐々に悲しくなるわけですよね。僕だけひとりって。

大学でもいつもひとりの僕は大概慣れてるんですけど、やっぱ見ず知らずの土地にひとり、しかも周りはみんな友達連れともなると、こう、言葉に出来ない小田和正la~la~la~があるんですよね。

旅の疲れもあるのかほんとにテンション下がってきて「お父さん、お母さん、内緒でオタクになっててごめんなさい。童貞でごめんなさい。生まれてきてごめんなさい。」とか脳裏に浮かんできてそりゃもう大変だったわけです。今考えるとどんだけ豆腐メンタルなんだよって話。

食べ終わったものの、入場の17:30にはまだまだ時間がありすぎるのでもう一度昨日行った御茶ノ水で楽器屋を巡回して参りました。

そういえば前回の記事では書きませんでしたが昨日ろとさんとESPかどっか忘れたけど楽器屋行った時に店員のおっちゃんに「ギターお探しですかね!?」と話しかけられました。

お、これは試奏してピロピロギューインしてどや顔決めてキャーキャー言われてお姉さんにお持ち帰りされてホテルで濃厚SEXしちゃうチャンスじゃないかと思い「いやぁかっけえですよねSchector(ギターのメーカー)!」んでおっちゃんに「今なにつかってるんすか!?」って言われたんで「Ibanezのj.customっす、ついこないだ買ったんですよ~」って言ったら

「アアーッ!ソッスカー!!」とか言ってなんでか知らんどっか行ってしまいました。僕としては「ついこないだ買った」は「買わないけど試奏したい」の遠回しだったんですけどね。さすが東京、改めて人とのコミュニケーションの難しさを思い知らされましたね。いやまぁ特に東京とか関係ないんでしょうけど

適当にぶらぶらしてたら17時前になってて、ちょいと小走りで武道館へ戻る。

イベント準備の関係で入場が30分ばかり遅れて18:00ぐらいに入場。

30分後ひだまらーにはお馴染み、宣伝担当の高橋祐馬さんによる遅延の謝罪から超ひだまつり in 日本武道館のスタート

内容は面倒なので全部省略します。詳しくは他サイト様のレポート記事、もしくは公式のひだまりラジオ×ハニカム第6回にて。

唯一言えるのは、隣の席のキーボードクラッシャーみたいな人がサイリウム6本をX-MENみたいに持ってて、しかも容赦なくブンブン振り回してもうマジで切り裂かれそうでこわかったです。

X-Men_Origins_Wolverine-Hugh_Jackman-Wall_Paper.jpg



18:30から開始にもかかわらず、終了したのはなんと23時前。前代未聞の2時間延長ということから地方民が続々と途中退室してしまっててお気の毒でした。

イベント終了後、感動の涙で半泣きになりながらホテルに戻ってすぐ就寝。

旅はまだまだ長い。ゆっくり休もう。

そして、ついにオナ禁4日目に突入したジャック2号であった…

続く。

スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク(当サイトへのリンクはご自由に)
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。