HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  動画  »  千本桜 あずさんと弾いてみた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千本桜 あずさんと弾いてみた



まさかの変化球。

前のANGRA動画の好評以来、次の動画もANGRAでAngels And Demons弾きます!みんな待っててー!みたいなこと大声で宣言してたにも関わらず、この余裕の裏切りっぷり。やはりジャック2号の人間性が疑われる。ほんとすいません。すいません。Angels And Demonsは来月にあげます。すいません。また裏切るかもね。

というわけで今回はネットお友達のベーシスト、あずさんと千本桜を弾いてみました。みなさん僕がボカロなんて珍しいかと思ってるでしょうけど、そうですね、はい、僕も珍しいと思います。せっかくの合作なので、みんなが知ってる曲がいいねーって感じでこの曲をチョイスしました。
本来あずさんからの提案で違う曲をやる予定だったのですが僕の都合で無理やり千本桜で押し通しました。あずさんごめん。
そして数十回という撮り直しの連続だったので頭振りすぎて首が痛いっす。

曲についてですが原曲は終始ほぼパワーコードだったので、このまま弾くのはこれまでテクニカルな曲をやってきたのもあって少し物足りないのもあるし、それにいつも僕のプレイに期待してくださるかたも多数いらっしゃいますのでややテクニカルな感じにアレンジしております。

だいたい馴染むようにアレンジしてますが特に凝ってみたのは2番のAメロ(1:35)あたりです。このパート、あずさんも大変なことしてますが、地味に僕も大変なことやっとるんですわ。そう。地味ですが。

ギターキッズなら映像見るとわかると思うんですけど、左手はただコードを押さえてるだけ。なのになぜあんなに音数が多いのかと疑問に思う方もおられることでしょう。

この奏法は「ハイブリッドピッキング」またの名を「2本指チキンピッキング」と言って簡単に言ってしまえばチキンピッキングにもう1本指を足した奏法、さらに簡単に言うとピック+中指+薬指の奏法です。ただでさえ難しいのにこれにまたブリッジミュートを加えるのでなお難しい。

ですが、コードをたどるだけでなかなかオモシロイ響きになるのでアレンジには便利だと思って今回本格的に取り入れてみました。

ちなみにこの奏法は我らがANGRAのギタリスト、キコ・ルーレイロの得意技で、ANGRAをコピーしているうちに少しずつ身についた感じです。

参考動画




んで余談ですが、このコラボ企画、実は話が始まったのはなんと投稿の1週間前。最初は「4月にうpできたらいいのにねー」みたいなこと言ってましたが、予想以上。驚異的なスピードでうpに至りました。

このハイスピードっぷり、ジャック2号からはウンコ大学生の暇人っぷりが伺えますが、日々お仕事に励んでるあずさんからは短い時間で弾きこなす才能を感じますね。さすがワシが認めたベーシストじゃ。

さーて次こそAngels And Demons弾くぞー
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク(当サイトへのリンクはご自由に)
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。